死んだらどうなる? 仏教

死んだらどうなる?

これはあまりにも難しい問いなので、答えられる人は、大変な智者か、おおぼらふきかのどちらかでしょう。

大変な智者、といえば、お釈迦様です。

仏教では死んだらどうなるかについて教えられています。

逆にいえば、死んだらどうなるか分からないところに私たちの苦しみの根元があると

教えられています。

100%確実な未来、しかも、吸った息が吐けなかったら吐いた息が吸えなかったら

後生ですから、これほど確実で差し迫った問題はないのですね。

皆、この問題に耳をふさぎ、考えないようにと蓋をしたりしていますが、

そんなことでは何の解決にもなりません。

この後生くらい心を無明の闇といいます。

無明の闇を解決し、明るい心に生まれ変わり、人間に生まれてよかったと大満足の身に

なることを「破闇満願・はあんまんがん」といいます。

親鸞会という仏教を分かりやすく講演する集まりでは詳しく聞くことができます。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 金曜日 31 8月 2012 at 2:09 PM

死んだらどうなる?

死んだら死んだとき

という言葉をしばしば耳にします。

ほんとうにそう思えるでしょうか?

火事になったら火事になった時、

病気になったらなった時、

と全く保険にかかってなかったとしたら?

「保険かけとけばよかったのに!」

と大変、後悔するでしょう。

特に根拠もなく「死んだら死んだとき」なんていっている人は、臨終に慌てふためくかもしてません。

仏教で死後どうなるか、親鸞会で詳しく教えられているようです。

Posted under 未分類 by ろーどらんなー on 火曜日 31 7月 2012 at 5:07 PM

死んだらどうなる?

死んだらどうなるのか、これは永遠のテーマといわれます。

死なない人はありませんし、死んだらどうなるか分からないからです。

今さえよければいい、といっている人でも本当に死が突きつけられれば、死後どうなるか、知りたくなります。

そしてそれが最大の問題となるのです。

親鸞会という仏教の話しをする集まりでも、このことが一番の問題とされていました。

仏教では、生死の一大事とか後生の一大事といわれ、これ以上の一大事はない、

これと比べたならば、あとは皆、小事だといわれています。

確かに、死以上の問題はないと思います。

死ですべてが吹き飛んでしまいますからね。

なぜ死後について考えたり論じられないか、不思議なくらいです。

考えてみれば、毎日あくせくかき集めているもので、死後もっていけるものは一つでもあるでしょうか?

死後どうなるかを考えると、あなたの人生観は訂正がなされてくるかも知れません。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 火曜日 1 11月 2011 at 2:39 PM

死後はどうなる?

死後どうなるか分からない心を仏教で「無明の闇」といいます。

吸った息が吐き出さなければ吐いた息がすえなければ後生ですから、

現在と死とは常に触れ合っていることになります。

死後が不安な心は、そのまま現在が不安な心となります。

この心を抱えたまま、安心も満足もありえません。

死なんて先のことを心配していてもしょうがない、今が大事、

という言葉はたびたび耳にしますが、死というのは、今の問題なのですね。

ですから、死後どうなるか、は大変大事な問題ということです。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 土曜日 6 8月 2011 at 1:59 PM

死んだらどうなるのか

死んだらどうなるのか分からない心を、無明の闇といいます。
この死後に暗い心を抱えているから、心からの安心も満足もないのだとお釈迦様は、大無量寿経というお経に

「有無同然・うむどうぜん」と教えておられます。

無ければないで苦しいですが、有ればあったでまた苦しい。
無くても苦、有っても苦。
成功者といわれる人が、悲しくも自殺してしまうのも、有っても苦しいからでしょう。

このことについては、親鸞会で詳しく学ぶことができます。

生きているときだけのことを考えていては、今、本当に幸せになることはできないようです。
死後の問題と、現在の問題は深い関係にあるのですね。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 土曜日 2 7月 2011 at 10:53 AM

死んだらどうなるか?

死んだらどうなるのか分からない心を、無明の闇といいます。

このことは浄土真宗の親鸞会で詳しく学ぶことができます。

1寸先は闇、といわれるように、私たちは次の瞬間どうなるか分かりません。

吸った息がはけなければ、吐いた息がすえなければ、次の世界へと飛び込んでいかねばなりません。

その一息先が、ハッキリしない、暗いのです。

そんなくらい心をかかえて生きているのが人間ですから、何を得ても、心からの満足もなければ安心もないのです。

この暗い心を解決せずしては、真の心の平安はおとずれません。

いかに死んだらどうなるかわからない心が大問題か、分かられると思います。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 日曜日 5 6月 2011 at 11:26 AM

無明の闇「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」

親鸞会で聞いた話です。

「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」を仏教では無明の闇といいます。

死ぬのは確実なのに、その確実な未来が分からないのです。

私たちは、先行きが分からないと不安になります。

不透明な時代に、漠然とした不安を抱えている人が多く問題になっていますが、

実は全人類が、死後が分からないという、不安を抱えていきているのです。

だから何をしても、何を手に入れても心からの安心も満足もないのです。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 木曜日 12 5月 2011 at 10:39 AM

親鸞会で聞いた話です。

「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」を仏教では無明の闇といいます。

無明とは、明かりが無い暗いということ。
闇も暗いですから、
無明の闇とは暗い心をいいます。

ここでいわれる「暗い」とは分からないことです。
分からないことを「暗い」といいます。

例えば、このあたりの地理に暗いとか、
女心に暗いとか

分からないとき、ハッキリしないときにに「暗い」という言葉を使います。

では無明の闇とは何に暗いのか、なにが分からないのか、ハッキリしないのかといいますと、死んだ後(仏教では後生といいます)がハッキリしない、分からないのです。

なので、無明の闇とは、「後生くらい心」とも言われます。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 土曜日 5 3月 2011 at 11:47 AM

クリント・イーストウッドの最新作「ヒア・アフター」テーマは「死」

 

ベテランすぎる俳優にして監督、クリント・イーストウッドの最新作は「ヒア・アフター」

アカデミー賞作品賞と監督賞を二度受賞。

そんなクリント・イーストウッドが、スピルバーグと組み、マット・デイモンらを起用し、80歳の今、描いたものとは「死」についてでした。

やはり、一番の問題になるのは「死んだらどうなるか」ということなのでしょう。

内容がどうこうはともかく「死」をテーマに選んだことに注目したいです。

Posted under 未分類 by ろーどらんなー on 水曜日 2 2月 2011 at 2:16 PM

死んだらどうなる?無明・1

親鸞会で聞いた話です。

「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」を仏教では無明の闇といいます。
 
とかく、死を口にすると「エンギが悪い」といわれる。「死ぬ話をするとお前もすぐ死ぬぞ、やめておけ」と、たしなめているのでしょう。

なら、金の話をするとたちまち金が儲かり、ノーベル賞の話をすると受賞し、マイホームの話をすると家が建つことになります。

「四」と聞くと「死」を連想するからか、病院には四号室がなかったり、エレベーターに四階が抜けていたりしますが、それだけ避けられぬ人生の終着駅を、気にしているともいえるでしょう。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 月曜日 27 12月 2010 at 11:38 AM

次ページへ »