死んだら行き先はどうなるの?

魂があると仮定して、死んだら魂はどうなるんでしょう。死んだら死後の世界へ行くんでしょうか。生前にいいコトをしていれば死んだら天国へ、悪いコトをしていれば地獄へ連れて行かれるって、小さいころから言い聞かされてきましたよね。死後の世界として、天国と地獄がどんなところか、ちょっと想像してみましょう。

以下、個人的な妄想です。イイカゲンかもしれないけど、怒らないでネ。

死んだら魂だけの存在になって、どんどん空高く昇って行くんだと思いマス。実際の空の果ては宇宙だけど、魂が往きつく先は天国。そこはきっと、昼も夜もない明るいトコロで、小さな花が咲き乱れているんデス。

何かに導かれるように歩いていくと、川が流れています。そこがあの有名な三途の川。流れは緩やかで、深さは膝くらいまでかな。渡ると、そこには既に亡くなっている知り合いがいます。自分で命を絶ってしまったのなら叱られるだろうケド(それ以前に天国へも行けないだろうケド)人生を最後までまっとうしたなら、頑張ったねって褒めてくれるカナ?

んで、次に生まれ変わるまでのしばらくの間、たまに下界の様子を見ながらそこで過ごすんデスよ。きっと。

私の想像する死後の世界・天国はそんなカンジ。ちなみに地獄はというと……

地獄の入り口にも川があるんではないでしょうか。そこは賽の河原で、親の先に死んでしまった子供たちが、鬼が睨むもとで石を積み上げてるんでしょうね。地獄に辿り着くと、そこでは死以上に辛い責め苦が待っています。

地獄にはいくつかの層があって、生前に犯した罪の重さによって行く先が決まります。そこでどうなるのか。そこにあるのがマグマの湯だか針の山だかは分かりませんが、きっと拷問とも思えるほど苦しいに違いありません。生前の行いを心の底から反省して改心しない限り、地獄を抜け出して天国へと行くことはできないんです。

これが、私による死後の世界・地獄のイメージ。どうでしょう?死んだら行く天国も地獄も、みんなが想像したならこんなカンジになるのでは?

だけど、やっぱりなー、なんか違う感じがしますね。
それ以上のイメージはわかないんだけど、簡単に人間が想像できちゃう世界とは
違うんじゃないかな、実際は、そんな気がする。

Posted under 死んだらどうなる?死後の世界編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 日曜日 24 1月 2010 at 3:22 PM

死んだら意識はどうなるの?

死んだらどうなる?って訊ねていると、友人を通して面白い話を聞くことができました。その人は親鸞会というところで仏教の勉強をしているらしい。初耳です。
信じるかどうかはベツとして、ちょっとその話を紹介したいと思いマス。

そもそも死んだらどうなるか考えてみると、どうもハッキリしませんよね。
死んだあとは有るとか無いとか断言している人でも本当のところは、
「と、思う」を省略しているのでしょう。

で、その友人は、「ハッキリしないことは不安じゃない」と聞いてきました。
確かにそうだよね。
大学受験の時も、合格しているかどうかハッキリしないからドキドキしたし、
仲がいい人で、私にも好意をもってくれているんじゃないかと思うんだけど、
どうもハッキリせずに、ドキドキ、そして眠れぬ夜。
停電なんかになると、それこそハッキリみえないから壁づたいにゆっくり
歩いて、それこそ不安一杯です。
なるほど、そうだね、それはそう。
ハッキリしないと不安、友人のいうとおり。

そこで話がもどって「死んだらどうなるかハッキリしないから、人はみな
なんともいえない不安な心を抱えているんだよ」っていうわけ。
うーん、一気に哲学だな。
そうか、なんともいえない不安な心か、たまに感じるかも。
何がというわけでもないのに、淋しくなったり、漠然とした不安な心を
感じたりすることあるものね。

そしてその死んだらどうなるかハッキリしない心を仏教では「無明の闇」
というらしい。
この「無明の闇」はかなり大事な仏教の言葉なのだそうだ。
これは「心の病」にもたとえられるそうなんだけど、一般的につかう、
心の病」とは別みたい。
「魂の病」って感じかな?
そのことについてまた詳しく聞かせてもらえるようだから、楽しみの一つと
しておきましょう。

Posted under 死んだらどうなる?幽霊編, 死んだらどうなる?死後の世界編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 日曜日 22 11月 2009 at 5:15 PM

死んだら生まれ変わりはどうなるの?

生まれ変わり。
輪廻転生。
リ・インカーネーション。

死んだらどうなる、って考えて疑問に思うのが、コレですよね。

前世の行いによって人生の善し悪しが決まるとか、人は似たような人生(運命)を繰り返しているとか、生まれ変わっても性別は同じとか(でも生物によっては無性体とかあるからコレはなさそうだな)……とにかくいろんな話を聞いたことがあります。

死んだらおこる生まれ変わりって本当にあるんでしょうかね?
手塚治虫の「火の鳥」とか、よく出てきましたね。
ユーミンの曲にも「リ・インカーネーション」っていうのがあります。
はじめ、カーネーションの一種かと思ってたのが、今では恥ずかしい・・・・
輪廻転生
流転輪廻
リ・インカネーション
いろんなところでいわれます。
ゲームでも、輪廻系は結構ありますよね。
マンガでも、僕の地球を守ってとか。
意外に受け入れやすい考えなのかな?
それともフィクションとしてとられているのかな?
でも全く受け入れられない考えなら、やっぱりゲームでもマンガでも
受け入れられないだろうから、いがいとあるかもと多くの人が感じているのかも
知れませんね。そして私自身も。
慰霊祭とか墓参りとか鎮魂とか、全部死後があるのが前提だものね、考えてみると。
死後なんかないに決まってるっていってた友人も墓参りは毎年かかさずいって
いるようだし、矛盾をかかえていることに気づかない人も多いのかも。

Posted under 死んだらどうなる?生まれ変わり編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 土曜日 3 10月 2009 at 3:51 PM

死んだら自殺者はどうなるの?

悲しいかな自殺者が増えてきている昨今なので、真剣に私の考えも書いてみようと思います。
自殺の理由はさまざまです。
病気を苦にしたり、人間関係で悩んだり、いじめで自殺を考えたり、他にも失恋、借金、大失敗で会社に大損害、
大恥かいてとても生きていけない、などなど。
でも共通しているのは、苦しんでいた、ということですよね。
当然といえば当然でしょう。
幸せだから自殺するってことはちょっと考えられないですものね。

私の身近でもいじめの相談を誰にもすることができなくて自殺してしまった子がいます。
とても悲しいことです。

では苦しい人がなぜ自殺をするのでしょう?
死んだら楽になれると思うからなのではないでしょうか。
もちろん、そこまで冷静に考えられるほど余裕はなく、衝動的自殺も
多いのでしょうが。
少なくとも今より苦しむと本気で思って自殺することはないと思います。
人間、みな苦しいのは嫌ですからね。

だから自殺したらリセットできるとか、無になってすべて清算できるとか、
そう思うのでしょう。
でも誰も死んだあとこうなるって誰もハッキリなんかしてません。
死んだら楽になれるというのはあくまで願望であって、何か理論的なものが
あるわけではないでしょう。
確かに死にたくなるくらい苦しいってことはあるのだけれど、だから自殺する
というのは、どうなのでしょう?
この辺のところが分かっていないと、なぜ自殺をしたらいけないのかっていう
答えは出てこないんじゃないかな。
そういう意味でも死んだらどうなるかを考えるのは意義のあることだと思い
ます。
親鸞会のサイトでも自殺に関することが多くでているので、ちょっと時間を
とって勉強しないといけないな。
ちなみに私は自殺反対派。
うーん、どうしてとハッキリいえないのがもどかしいのだけど、自殺だけは
してはいけないように感じます。
その理由を知る上でももっともっと勉強していきたいと思います。
結果報告はこのブログに書いていきますね。

Posted under 死んだらどうなる?幽霊編, 死んだらどうなる?自殺者編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 日曜日 12 7月 2009 at 10:04 AM

死んだら旅立ちはどうなるの?

死んだらどうなるかという、前回のお話の続きです。

いじめ体験や借金などで自殺をしてしまう人があります。
死んだら楽になれると思うのか、はたまたリセットできるとか、無になって
チャラとか、いろいろ思うのでしょう。

でも前回もふれたように、誰も死んだあとこうなるってハッキリしないんだよね。
だから、無になるかどうか、リセットできるかどうかなんて保証はどこにもない。
死んだらとてつもなく酷い状況になってしまったなんてこともありうるわけ
だから、安易に「死んで楽に」っていう考えはどうかなあ。

あと、死んだら先になくなった人たちが迎えてくれるとかよく言われるけど
ホントかな?
これは生まれ変わりの考えがあるわけだけど、そうすると、今の世界だって
生まれ変わりの途中かもしれないんだよね。
でも、この世に生まれて成長しても「あ、過去世のおばあちゃんが迎えに
きてくれた」なんてことは全くないものね。
なのに、死んだあとにはそういう世界があるっていわれても、うーん、
私としては全く説得力がない話。
「この世界でも先に亡くなったおばあさんが迎えにきてくれただろ、
だから死んだあとの世界でも、またおばあさんが迎えにきてくれるよ」
というような展開ならまだ分かるけど、実際はそうじゃないものね。
だから幼稚な(失礼!)作り話としか思えないな。
だからといって、死んだあとはこうなると私が分かっているわけでは
ないのだけど。

Posted under 死んだらどうなる?死後の世界編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 土曜日 27 6月 2009 at 5:41 PM

死んだら心はどうなるの?

テレビで誰かが言ってたんですけど、人間は誰でも死んだらどうなるってコトを考えちゃう時期が来るんだそうです。その番組に出てたタレントさんは、小学生のときに出た身内のお葬式で、命というものを考え、死んだらどうなるって思うと死を怖くなったって言ってました。私も、中学生の頃ですけど、親戚の法事で何故かお経を聞きながら死んだらどうなるんだろうって考え始めて、止まらなくなっちゃたことがあります。

死んだらどうなるのか……肉体は焼かれて、残ったお骨は骨壷に入れられて、それがお墓に納められて……ってコト(少なくとも仏教では)はそのときには知ってましたよ。でもどうしても納得のいかないのが死んだ後の心の行方。

人が思考する機能もその人の性格を成す部分も脳味噌ありきのものであって、脳も含めた全身の機能が止まっちゃうのが死なんだから、思考も性格もなくなっちゃうのは当たり前っていうのは分かってるつもり。なんだケド、他の人にはない、その人固有の思考回路や性格は確かにそこにあったのに、急に忽然と消えてしまって一体何処へ行ったんだろう?って思っちゃうのデス。

頭で考えて、手足を動かして、言葉を話していたんですよ。身体はそれらを作動させる一部。なら、機能として発するための大元はどうなるんでしょう?

それが「魂」っていうものなんだって言われても、目に見えないものだし科学的な証明なんてできっこないので、なかなか納得できないんですねぇ。だからこそ、尊いんだとも思いますけどネ。

人は、一度死んだら二度と同じ人として動きません。何かを考えることはなくなります。元気に歩くこともできません。手を動かして肩を叩いてくれることもなければ、私の名を呼んでくれることもありません。その声をもう二度と聞けないんです。どんなに嫌だと思っていた性格でも、もう二度と関わることができなくなっちゃいます。

今まであったハズのものが忽然と消えてしまう喪失感。親しい人の死を恐れるのは、その喪失感が怖いというのも大きな要因の一つでしょう。だから、人が死ぬと、その喪失感を
感じ、とても悲しくなってしまいます(ρ_;)シクシク

Posted under 死んだらどうなる?周囲の人々編, 死んだらどうなる?魂編 by ろーどらんなー on 水曜日 6 5月 2009 at 2:11 PM