クリント・イーストウッドの最新作「ヒア・アフター」テーマは「死」

 

ベテランすぎる俳優にして監督、クリント・イーストウッドの最新作は「ヒア・アフター」

アカデミー賞作品賞と監督賞を二度受賞。

そんなクリント・イーストウッドが、スピルバーグと組み、マット・デイモンらを起用し、80歳の今、描いたものとは「死」についてでした。

やはり、一番の問題になるのは「死んだらどうなるか」ということなのでしょう。

内容がどうこうはともかく「死」をテーマに選んだことに注目したいです。

Posted under 未分類 by ろーどらんなー on 水曜日 2 2月 2011 at 2:16 PM

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。