無明の闇「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」

親鸞会で聞いた話です。

「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」を仏教では無明の闇といいます。

死ぬのは確実なのに、その確実な未来が分からないのです。

私たちは、先行きが分からないと不安になります。

不透明な時代に、漠然とした不安を抱えている人が多く問題になっていますが、

実は全人類が、死後が分からないという、不安を抱えていきているのです。

だから何をしても、何を手に入れても心からの安心も満足もないのです。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 木曜日 12 5月 2011 at 10:39 AM

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。