死んだらどうなるのか

死んだらどうなるのか分からない心を、無明の闇といいます。
この死後に暗い心を抱えているから、心からの安心も満足もないのだとお釈迦様は、大無量寿経というお経に

「有無同然・うむどうぜん」と教えておられます。

無ければないで苦しいですが、有ればあったでまた苦しい。
無くても苦、有っても苦。
成功者といわれる人が、悲しくも自殺してしまうのも、有っても苦しいからでしょう。

このことについては、親鸞会で詳しく学ぶことができます。

生きているときだけのことを考えていては、今、本当に幸せになることはできないようです。
死後の問題と、現在の問題は深い関係にあるのですね。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 土曜日 2 7月 2011 at 10:53 AM

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。