死後はどうなる?

死後どうなるか分からない心を仏教で「無明の闇」といいます。

吸った息が吐き出さなければ吐いた息がすえなければ後生ですから、

現在と死とは常に触れ合っていることになります。

死後が不安な心は、そのまま現在が不安な心となります。

この心を抱えたまま、安心も満足もありえません。

死なんて先のことを心配していてもしょうがない、今が大事、

という言葉はたびたび耳にしますが、死というのは、今の問題なのですね。

ですから、死後どうなるか、は大変大事な問題ということです。

Posted under 死んだらどうなる?仏教編 by ろーどらんなー on 土曜日 6 8月 2011 at 1:59 PM

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。